精子の量と勃起力について

中折れと精子の関係が大ありということを中心に精子の量と勃起力について説明します。思い当たる節があれば、参考になるでしょう。

精子の量と勃起力は正比例する

精子の量は中折れやEDで取り上げられることが少ないようですが、実は性欲を含めて、大いに関係があります。端的に言うと、精子が多いと勃起力も高まるのです。射精後には、終わった!という虚無感を感じる人が多いでしょう。

興奮も快感も射精で最高潮に達した後は、一気に性欲はほぼゼロになります。したがって、2回戦を迫られてもペニスはその気にならないことがあります。

その理由は精子を出し切ったので、性欲も勃起も必要がないからです。その反面、精子がたっぷり溜まっていると、ちょっとした性的刺激でもムラムラして、勃起しますし、快感が得やすいので早漏になることがあります。

そもそもセックスは妊娠が目的

そもそも性欲も勃起もなぜ必要かと言いますと、女性を妊娠させる渡欧本能があるからです。妊娠させるために必要なのはできるだけ精子の量が多いことです。

したがって精子が無い状態では性欲も勃起も、セックスも必要ないと身体は本能的に判断します。AV男優が連続で射精するのは、2回目、3回目にもある程度の精子の量があるからです。

どうすれば精子を増やせるか

精子を増やすのに有効な物質は亜鉛で、亜鉛は睾丸の働きを活性化して精子の生産を促すと同時に男性ホルモンを活性化させます。また、精子の比率は精液のうちの5%ほどで、残りは精液ですが、精液の量を増やす役目をするのがアルギニンです。

したがって中折れしやすいのは精子や精液が少ないからと言えます。そうなると精子と精液を増やす方法はおのずとお分かりかと思います。

コメントは受け付けていません。