膣内射精障害の遅漏とは

遅漏と言う現象があり、正式には膣内射精障害と言います。中折れで悩む人では遅漏の場合があり、中折れ以上に深刻な場合があります。遅漏とはペニスを挿入してから射精までに長い時間を要する、あるいは射精ができない状態のことです。

ここでは膣内射精障害の遅漏について解説します。

遅漏はペニス挿入から15分以上の射精

正確にペニス挿入から射精までの時間の定義はありませんが、平均すると7~12分のようです。したがって15分以上かかる場合は遅漏気味と言えそうです。ただし30分でも1時間でも射精しないケースもあり、遅漏の時間は人によって異なります。

中折れで遅漏は褒められたことではない

例えばペニスを挿入して30分経っても射精しないで、まま中折れなった場合、中折れよりも遅漏に問題があります。遅漏はどちらかというと早漏よりも女性には苦痛なのです。

セックスが長時間にわたると膣内が渇いて、痛みをともないます。精神的にも女性は、自分に魅力がないから射精しないと思うことがあるようです。

遅漏の対策はあるか?

遅漏の原因にはオナニーの快感に慣れていて、膣では快感を得られなくなる可能性があります。したがってできるだけオナニーの回数を減らすことが対策になります。

また、溜っている精子の量が多いほど快感が強くなり、射精しやすくなりますから、常日ごろから精子を溜めておくようにしましょう。若い頃は何度でも射精できるのは、精子の生産量が多いからです。

ちなみに精子と精液を生産するためには、亜鉛とアルギニンがおすすめです。

コメントは受け付けていません。