強い刺激のオナニーが中折れの原因になる

男性がオナニーをするのは手でペニスを握りしごくのが一般的です。この際により強い快感を得ようとすると力が入り過ぎます。通常はペニスの時の握力は4キロ程度とのことですが、本番のセックスで中折れをするひとでは10キロを超える力でペニスをしごくそうです。もしペニスを握ってしごく力が10キロなどとなると女性の握力なみですから、相当な力です。

 

床オナニーは止めた方がいい

最近話題になるのが床オナニーで、畳や布団に腹ばいになってペニスをこすりつけるオナニー方法です。体重かかるので強い快感を得られますが、ペニスにかなりの重量負担がかかります。手で強くしごくのと同様にペニスには10キロ以上の力がかかるでしょう。ところが女性の膣内の圧力は4キロ程度なのです。そうなると10キロなどという力での強いオナニーに慣れているペニスは挿入しても刺激が足りないので中折れします。頭は興奮しても、実際の刺激が少ないのでペニスが刺激を感じないのです。

 

オナホールやコンドームを利用する

オナホールは普通の店では売っていませんが通販などで手に入ります。圧力の弱いオナホールを使うことで弱い圧力でオナニーが簡単にできます。オナホールでなくコンドームの中にローション入れてペニスに装着してしごくと、女性の膣内に近い感触が得られますが、マスコンドーム法と呼ばれ、医学的にも効果が実証されています。

 

オナニーが原因の中折れ改善には時間がかかる

これらの方法で中折れが改善するまでには時間がかかると思いましょう。刺激の強いオナニーで満足していたペニスはすぐにはそれより弱い刺激には対応しないのです。通常のセックスで中折れをしなくなるまでには根気が必要でしょう。

関連ページ

たばこは中折れの原因になる
中折れの原因と対策をお伝えします。中折れ対策に効果的な精力剤・勃起サプリメントをランキング形式で紹介します。
肥満は中折れの原因にもなる
中折れの原因と対策をお伝えします。中折れ対策に効果的な精力剤・勃起サプリメントをランキング形式で紹介します。