40代からの中折れは要注意!

中高年とは40代以降の年齢ですが、セックスの途中でなぜはペニスに元気がなくなる、いわゆる中折れを経験している人が多いようです。ある製薬会社の調査では40代で調査対象の60%、50代では70%、70代では80%の人が中折れを経験しているというデータがあります。

 

性的な刺激があると脳が興奮する

性的な刺激があると脳が興奮してその興奮がペニス神経に伝達されます。たとえば裸の異性を見た場合などですが、そうするとペニスの海綿体へ血液送る一酸化窒素が出されてペニスの動脈に大量の血液が送り込まれるので勃起します。ペニスに血液が送られると海綿体の静脈が圧迫されて塞がり血液の流出ができなくなるので、勃起が維持されます。

 

勃起のカギは一酸化窒素

勃起を促す一酸化窒素は男性ホルモンで供給されますから、加齢で男性ホルモンの分泌量が低下すると当然一酸化窒素も減ります。したがってセックスの途中で中折れが起きるとなかなか戻らないのです。若い時なら性的刺激があれば脳が興奮しますが、中高年ではそれが難しいのです。

 

中高年の中折れが多い理由

40代以上の中高年に中折れが多いのは男性ホルモンが大きく関係しています。男性ホルモンは20代がピークとされていて、加齢に正比例して減少します。男性ホルモンの分泌が少なくなりホルモンバランスが乱れると、男性にも更年期障害があり、それが勃起不全の症状であらわれます。
また、中高年は生活習慣病にかかりやすいことも中折れの理由になります。すなわち糖尿病や高血圧、高脂血症などでは動脈硬化を引き起こしますが、ペニスの中にある動脈が硬化すると中折れの勃起不全が起こりやすくなります。

 

そのままにしないで医師の診察を受ける

動脈硬化の症状は一番細いペニスの動脈に現れるとされていますから、これを放置しておくと動脈硬化が脳や心臓の血管に波及するリスクがあります。このような原因の中折れは危険信号の場合がありますから、そのままで諦めないで医師の診察を受けるようにしましょう。どのような強い性的刺激を受けてもペニスがピクリともしないのは、もしかすると動脈に異常があるのかもしれません。

 

 

>>>精力剤・勃起サプリおすすめランキング

 

関連ページ

朝立ちで健康状態を判断する必要性
中折れの原因と対策をお伝えします。中折れ対策に効果的な精力剤・勃起サプリメントをランキング形式で紹介します。
毎日朝立ちをしないとダメなのか?
中折れの原因と対策をお伝えします。中折れ対策に効果的な精力剤・勃起サプリメントをランキング形式で紹介します。
朝立ちの大切な役割とは
中折れの原因と対策をお伝えします。中折れ対策に効果的な精力剤・勃起サプリメントをランキング形式で紹介します。
精力剤と年齢の関係について
中折れの原因と対策をお伝えします。中折れ対策に効果的な精力剤・勃起サプリメントをランキング形式で紹介します。
精力剤の副作用について
中折れの原因と対策をお伝えします。中折れ対策に効果的な精力剤・勃起サプリメントをランキング形式で紹介します。